インプラントの魅力【天然の歯に近い見た目と機能性】

HOME>トピックス>第二の永久歯【天然の歯にそっくりなインプラント】

第二の永久歯【天然の歯にそっくりなインプラント】

インプラント

インプラントとは

インプラント治療とは、病気や事故で歯を失ってしまった人向けの治療方法です。人工歯根を顎の骨に埋め、その上に歯冠を取り付け人工的に歯を作りあげます。外科的手術が必要になるため、治療期間が長くなってしまうこともありますが、仕上がりに満足する患者は少なくないでしょう。インプラントは、保険を使うことができませんが医療費控除の対象になるため、歯医者に治療費に関する相談もしておきましょう。

インプラント

インプラント治療の前にやるべき治療

歯周病が原因となり歯が抜けてしまったため、インプラント治療が必要になったという人はインプラント治療を進める前に、歯周病の治療を終わらせましょう。インプラントは人工的に作られた歯のため虫歯になることはありませんが、歯垢や歯石が原因となりインプラント周囲炎という病気になってしまうため、治療前に口腔内の環境を整えておく必要があります。

インプラント

インプラントの魅力

インプラントが注目されている理由は様々ですが、インプラントの魅力に惹かれて治療を決意する人も多く存在します。例えば、インプラントは入れ歯やブリッジよりも目立ちにくいため、審美面を気にする人にとっては大きな魅力です。その他にも、入れ歯などに比べしっかり噛むことができるという魅力もあります。入れ歯やブリッジを利用していると、噛むチカラが天然の歯よりも衰えてしまうため、硬いものでもしっかり噛んで食事を楽しみたいという人はインプラントの方が最適でしょう。また、インプラント治療後の定期検診をしっかり受けていれば、長く使い続けることができるという点も注目されている理由の1つです。

インプラントの定期検診の流れ

インプラント

問診

治療後の全身状態・服用している薬の種類や量などを確認します。問診のときに、気になる症状を伝えておくと、虚空内検査のとき確認してもらうことができるため、気になる部分はしっかり伝えておきましょう。

口腔内検査

噛み合わせ・上部構造がしっかり閉まっているか・歯肉炎の確認・歯肉の状態チェック・問診時に確認した気になる症状の確認をしていきます。インプラント装着後にトラブルが発生することもあるため、しっかり検査してもらいましょう。

ハミガキ方法の指導

インプラント周囲炎などを防ぐためには、しっかり歯垢や歯石を取り除かなければいけません。そのため、正しいハミガキ方法を歯医者と一緒に確認していきます。口腔内の状態に応じて、適切なハミガキ方法のアドバイスをしてもらうことができるでしょう。

X線検査

約1年に一回は口腔内全体のレントゲンを撮り、歯と歯槽骨の状態をチェックしていきます。レントゲン撮影で発見できる症状などもあるため、インプラント治療を受けた人には進められている検査方法です。

クリーニング

インプラント周囲や、口腔内にある歯石を専用の器具で除去していきます。医師や衛生士が徹底的にクリーニングしてくれるため、日頃の磨き残しや、自分でケアするのが難しい部分は任せることができるでしょう。

広告募集中